ディスペンサーは液体を塗布するのに最適な装置

カテゴリ一覧

模型

ビルのエネルギー管理がしやすくなる!導入すべきBEMSの魅力

BEMSは、業務用ビルで消費される電力量や水道、ガスなどといったエネルギーの効率化が行えるシステムです。ビル内の無駄を省くことで、大幅な経費削減にも繋がるのが大きな魅力。CO2削減にもつながり、ビル設備の最適な運用が可能となります。

システム

ディスペンサーを使えば液体の供給も簡単!知っておきたい装置

機能性の高いディスペンサーを活用することは、製造コストを圧縮し、生産性を上げることにもつながります。職人が時間をかける業務を絞れることで、品質の向上にもつながるでしょう。

男女

BEMSを導入すればエコにも繋がる!エネルギー削減への道

BEMSは業務用ビルの消費エネルギーを見える化し、自動でコントロールするシステムです。CO2排出量の削減に貢献するだけでなく、企業にとっても省エネ化は経費の大幅削減につながるメリット。人間は労力を使うことなく、最適な運転が可能です。

男性

ディスペンサーは様々な場所で使われている!

一定量を正しい位置に塗布できるディスペンサーを用いると、作業の効率が良くなり、業績アップにつながります。迅速に正確に薬剤を塗布できることで、人手不足の解消となり、自動化することで便利に作業が行えます。

ディスペンサーを活用して日本の製造業を支える

ビジネス

機械によって工業化することで、より経済活動が活発になっていきました。資本主義はこの機械化によって支えられているといっていいでしょう。もっと作業効率を上げて、より安くて良い製品を提供するため、多くの工業用機械が作られています。もちろん、作業をする職人の腕も必要になってきますが、こういった製造に関わる職人たちの働きを支えるためにもディスペンサーを始めとする精密機械が必要になるのです。ディスペンサーはそんな機械の中でも、液剤を塗布する作業をするものです。ディスペンサーといえば何かを吐き出すという意味合いがあり、紅茶やジュースなどを出すものもそれに含まれます。工場で使われるものは他にも液剤定量吐出装置ともいわれているのです。基本的にはエアーで吹き付けますが、製品に使う液剤は正確に計算されなければなりません。現在のディスペンサーはより精密に使われているので、思った以上の作業効率が図れます。こういった機械を使うのと同時に、BEMSなども利用して節電に努めるという義務も企業にはあります。

レビュー

ビル

BEMSを導入して省エネに成功した企業の声を聞こう

BEMSはビル内のエネルギー使用量を知り、無駄を省く効率的な省エネを実現できるシステムです。利益追求はもちろんですが、エコへの貢献は企業にとっても大きなプラスになるでしょう。不便を強いる省エネではなく、業務効率を下げない取り組みが大切です。

システム

こんなにすごいとは!ディスペンサーを使って分かったその魅力

電子機器の基板を製造するときに、液体定量吐出装置であるディスペンサーを用いると、作業効率が上がり、便利に作業ができるメリットがあります。パソコンでデータを管理できるため、顧客からの細かな変更に即座に対応でき、正確に作業を行える点も魅力です。