カテゴリ一覧

HOME>特集>ビルのエネルギー管理がしやすくなる!導入すべきBEMSの魅力

ビルのエネルギー管理がしやすくなる!導入すべきBEMSの魅力

模型

BEMSとは一体どんなシステム?

BEMSは、業務用ビルで消費されるエネルギーを計測し、蓄積したデータを解析することで最適にコントロールするシステムです。CO2削減は世界の命題となっていますが、業務用ビルからの排出量を低減し、地球温暖化対策にも貢献出来る仕組みでもあります。元はビル管理システムにIT技術を組み込んだものですが、各種センサーとネットワークで連動し、常に最適な管理を実行します。ビル内のエネルギーの無駄を省き、経費節減にも大きく貢献します。具体的にはビルで消費される電力量、水道使用量、ガス使用量などを常に計測し、空調や照明などの設備を適切にコントロールします。BEMSは自動でこれらのデータを収集し、それを解析することであるべき姿を明らかにすることが出来るのです。

ビル

導入することでわかる魅力とは

近年建設されたビルには、BEMSが導入されているケースが多数見受けられます。導入の一番の魅力は、BEMSがビルの各設備の使用状況を常に把握することで、ビルの省エネ化が可能となることです。実際にBEMSが導入されていないビルと比べると、数十%以上もの節電が実現されているデータもありますので、これは非常に大きな成果ですね。国にとっても利益ですし、企業にとっても年間エネルギー消費の大幅カットとなり、多大な経費削減となります。特に、電力需要の多い時間帯を外して電力を消費することで、無理なくコストカット出来るのは大きなメリットです。蓄電システムや太陽光発電システムなども併設していると、更にコストメリットを得ることも出来るでしょう。