カテゴリ一覧

HOME>特集>ディスペンサーは様々な場所で使われている!

ディスペンサーは様々な場所で使われている!

男性

ディスペンサーが使われている場所

液体定量吐出装置のことをディスペンサーと呼び、製造工場において、接着剤などの薬剤を塗布するために用いられています。例えば、電子基板を製造している工場において、人の手に変わって、基板に部品を接着するための薬剤を塗布する工程を行っています。また、有機溶媒などの塗料を一定範囲に吹き付けたり、特殊な液体を吹きかけたりと、その用途は工場によってさまざまです。ディスペンサーを用いる大きなメリットは、手作業による誤差やバラツキがなくなり、常に正確に、迅速に大量の製造を行えることです。また、どのような製造過程にも対応できるような、構造や素材のディスペンサーがあり、多様な場面で活躍できることも特徴です。製造過程の一部を機械に任せることによって、仕事の効率が上がり、業績アップにつながる可能性があります。

システム

自動化することでより便利になる

製造業においてディスペンサーを導入することは、作業の効率が良くなり、作業員が働きやすい環境作りにつながると言えます。薬剤の塗布作業は、手作業で行うことも可能ですが、その際、バラツキやずれが生じることがあり、正確さに欠けることも多々あります。その点、ディスペンサーを用いることで、常に一定量を正しい位置に塗布することが可能となり、作業員にとっても大変仕事がしやすくなるメリットがあります。また、最近の工場では、慢性的な人手不足に悩まされていますが、作業が自動化することで、それらの問題解消にも役立ちます。ディスペンサーは、あらゆる工程や薬剤に対応できるようなものが開発されており、世界各地の工場で活躍しています。