健康な肌を維持するために

顔の手入れ

一人ひとりが異なる肌質

体質が人それぞれ異なるように、肌に質も一人ひとりが違うものです。化粧品を購入する際は、肌質について考えながら選ぶことでより良い美容効果を得ることができます。肌質には、肌トラブルが起こりにくい普通肌や肌の水分量が失われやすい乾燥肌などがあります。ほかにも敏感肌・アトピー肌・脂症肌などが知られています。自分の肌がどのタイプに当てはまるのかを知っておくと、化粧品選びがスムーズです。健康的な肌状態を保つためには、皮膚バリア機能を高めることが大切です。洗顔後は化粧水でしっかりと水分を与え保湿クリームや乳液で蓋をしてあげることで、水分の蒸散を防ぎ皮膚バリア機能を助ける効果があります。化粧水だけでは水分の蒸散を防ぐことができないため、保湿クリームや乳液をセットで使用し保湿を心がけましょう。

皮膚のバリア機能を高める

皮膚のバリア機能は、外部からの紫外線や花粉などの刺激から肌を守ってくれる大切な役割があります。そのため、普段から皮膚のバリア機能を高めるためにスキンケアを丁寧におこなうことが大切です。敏感肌は、普通肌に比べて外部からの刺激を受けやすいのが特徴です。外部からの刺激によって通常ならあるはずの皮膚バリア機能が落ちてしまい、未熟な角質がむき出しになってしまうのです。すると、ますます肌は刺激を受けやすくなり肌の状態は悪循環を繰り返してしまいます。敏感肌の人は、肌の状態を正常に戻すために皮膚保護成分や保湿成分が豊富な化粧水や乳液を使用しましょう。セラミドには、人の皮膚と同じ構造を持つ天然型セラミドがあります。これらの有効成分をバランスよく配合されている化粧水や美容液を使うことで、肌が持つ修復機能を高めることができるのです。